扶桑

 東は扶桑(二三)なり、日()出づる秋(とき)は来にけり。この巻 扶桑(二三)の巻、つづく六の巻を合せて七の巻一百四十四帖の黙示を五十黙示と申せよ。

 イシもの言ふぞと申してありたが、イセにはモノ言ふイシがあると昔から知らしてあろうがな、五の一四(イシ)がもの言ふのであるぞ、ひらけば五十となり、五百となり、五千となる。握れば元の五となる、五本の指のように一と四であるぞ、このほうを五千の山にまつれと申してあろうが、これがイチラ(五千連)ぞ、五十連(イツラ)ぞ、判りたか、五十連世に出るぞ。

 天に神の座あるように、地には人民の座があるぞ、天にも人民の座があるぞ、地に神の座があるぞ。七の印(しるし)と申してあるぞ、七とはモノのなることぞ、天は三であり、地は四であると今迄は説かせてあったなれど愈々時節到来して、天の数二百十六、地の数一百四十四となりなり、伊邪那岐三となり、伊邪那美二となりなりて、ミトノマグハイして五となるのであるぞ、五は三百六十であるぞ、天の中の元のあり方であるぞ、七の燈台は十の燈台となり出づる時となったぞ、天は数ぞと申してあろう、地はいろは(意露波)であるぞ。判らん者が上に立つこととなるぞ、大グレン目の前、日本のみのことでないぞ、世界中のことであるぞ、今度は三千世界が変るのであるから今迄のようなタテカヘではないのであるぞ。何も彼も鏡にうつるのであるぞ。鏡が御神体であるぞ。何もうつらん御神体のカガミは何もならんぞ。



――― ここから ――――


他巻ですでに開かせていただきましたが念のために打たせていただきます。

その前にカガミとございますので…ひふみ神示は知識も大切ではございますが所作を整え実践しないコトには体験できずまったく理解すらできないのでございます(*重要『二つ融け合って生れた一つの正斎を中として顕幽、両斎を外としてまつるのが大祭りであるぞ。』)。

これも念の為に取違い勘違いなさらぬように。

イシ(一四)と石とはもちろん意味が異なります(他でも打ちましたが同じ単語であっても“含みがあり”各巻で異なる事もあるのでございます)。


下記アレの巻 第一帖にございますように、字(いろは)、数(ひふみ)開く秘文なのです。

うれしうれしで御用をしていただきたく存じます。拝


日継の意味荷う(ヒツギのイミニナう)数と字の絶対光の道(カズとジのゼッタイコーのミチ)。字の絶対開き(ジのゼッタイヒラき)、那美(名美)開くぞ(ナミヒラくぞ)。字の極意の極みは(ジのゴクイのキワみは)読字(黄泉)ぞ(ヨミジぞ)。富士(普字)に花咲く時ざぞ(フジにハナサくトキざぞ)。開く結びの命(ヒラくムスびのイノチ)、字開きに字(ジヒラきにジ)、開き(ヒラき) 実るぞ(ミノるぞ)。山にも地にも(ヤマにもチにも)万劫光の花開くの理ぞ(マンゴーコのハナヒラくのミチぞ)。光の経綸(コのシグミ) 四八音となるぞ(ヨハネとなるぞ)。意露波理ぞ(イロハミチぞ)。


(中略)


字の言座(ジのコトクラ)、名(言波)の極ぞ(ナのキワミぞ)。意志の極み成るぞ(イシのキワみナるぞ)。道は道理であるぞ(ミチはドウリであるぞ)。字開き(ジヒラき)、務に結び(ムにムスび)、咲く花の結び秘文ぞ(サくハナのムスびヒフミぞ)。普字軸の理ぞ(フジジクのリぞ)。<アレの巻 第一帖>



また数霊盤(テン)をまずは御覧ください(これも“七を中心に十”)



五の一四(イシ)がもの言ふのであるぞ、


五(一霊四魂、意志、キ、御柱)とは数霊の真中。

(関係帖も御覧あれ)


五を中心に四方の数(東西南北)があり十字となる。

ひらいて五十(イセ)となり五百(イズモ)となり五千(イチ<チの中心>)となる。


握れば五となる。

五本の指のように手は親指一本に中指、人差し指、薬指、小指の四本でございます(同じような内容は他帖にもございます。片手ではなく両手二本合わせて十本指。頭手胴足身体全体が霊肉調和しうれしうれし)。

親指(真中)があり“立体的な動き”ができるとも示唆しております(親指のない四本指ではモノを巧く“握るコト”はできますまい。四本では立体的な動きができない)。


この理とは立体(歓喜)がより深く広がりより極まるミチなのでございます。


一つに日本がチ(地、智、千など)の霊的な中心であり世界の霊的中心である。

つまり日本が立たなければ真中にマコトのゝ入った霊肉うれしうれしの立体とはならない。

という示唆(警告)なのです。

日本とはヒ(霊)の元なのです。

ですからとても重大であり重要なのでございます(もはや理窟ではございません、体験から学ばせていただけるのです。感謝)。



七の燈台は十の燈台となり出づる時となったぞ、


一つに、ここでは七がなりて十(マコトの理と出る。天地不二・アメツチ)となる。

十の燈台とは、うれしうれしで照らすという意(立体)。


他巻にも他の“意”がございます(『七重』等々)。

(ちなみに豆知識でございますが、伊勢<イセ>神宮に燈篭<トウロウ>があり、そこに“カゴメ紋”がございます。△▽の組みたモノでございますがカタカナの“カタチ・形”を御覧ください。ム△ウ▽という意。またウ▽ム△。つまり霊肉・天地一体をあらわします。その真中にゝの姿)



天は数ぞと申してあろう、地はいろは(意露波)であるぞ。


他巻でも示唆しておりますが念のために。

地はいろは(『いろはにほへとち』“意<い>”が連なり“露<ろ>”あらはれ“波<は>”となる。“ナミ(波、水、雨)”にもかけている)四十八文字であり五十(イセ)、五十連(イチラ)に対して引いて(一九)ジク(四九)となり、二。

(豆知識:ラは言霊数霊で四一)


同じように天はひふみ(数ぞ『ヒフミヨイムナヤコト』<一二三四五六七八九十>)四十七文字で五十(イセ)、五十連(イチラ)に対して引いて(一九)軸(四九)となり三。


ここから天が三、地が二と出るのでございます。

和合して五となる。

天(つばさ・光)五十、地(足・色)五十で百。

ナリナリ続きますが割愛(この色々な数字をサカサマにしてもまた数が現れます)。


数霊にしましても実に美しくと存じます。

この巻 扶桑(二三)の巻』となるわけでございます。


至恩之巻九帖も御覧ください。



判らん者が上に立つこととなるぞ、大グレン目の前、日本のみのことでないぞ、世界中のことであるぞ、


日本、世界中が狂い理(ミチ)が判らない者が上に立っておりますから(*現在の心無い支配構造など“目に見えているもの”はフェイク<見せかけ・コマ>なのです。神示にございますが“奥に隠れている”です)歓喜なく世がイキ詰まり苦しんでいるのでございます『判らんものいくら集めても判らん道理

順(霊主体従、日主二従)、理(ミチ)が判らないのですから改善できず理窟、学のみに囚われる、さらに浄化の動きたる大切な内省(五つの働き)がないのでございますから傲慢、慢心となりケガレ積み積もり悪循環となる。

ゆえに今の世が狂い憑かれ乱れているのでございます(まずはうれしうれしのマコトの十善、当ブログを御覧ください)。


ひふみ神示をうれしうれしで声を出し読み、祝詞を唱(十七)えください。
お読みくださりありがとうございました。拝



――― 関係帖 ――――


上つ巻 第二十四帖 (二四)

カゼの巻 第八帖(三五九)

黄金の巻 第二十一帖(五三二)

黄金の巻 第四十七帖(五五八)

黄金の巻 第六十七帖(五七八)

白銀の巻 第二帖(六一三)

碧玉之巻 第五帖

至恩之巻 第九帖




――― ここから次の帖 ――――


扶桑の巻 第十一帖

沖つ藻葉(もは)辺津(へつ)藻葉(もは)ぞ。 母しらす御国の五のハタラキは何れも十のつばさを持ってゐるぞ、足は十本であるぞ、更に五十のつばさとなりなる仕組、五十の足がイツラぞ、イツラではうごきとれん。四十九として働いてくれよ、真中の一はうごいてはならん。真中うごくでないぞと申してあろうがな、時過ぎてタネまく人民多いのう、人民と申すものは天狗ざから、自分はよいのだが、世の中悪いのざと申してゐるなれど、世の中と申すものは大神のハタラキの現れであるから、大神の中でのうごきであるから、世の中が悪いと思ふのは、大神が悪いと思ふことになるのぢやぞ、其処に底知れぬ程の魔の仕組があるぞ、気つけおくぞ。


――― ここから ――――


平たく、一を真中に順・段階を知り治めよ。という意でございます。


当帖も、各々のタマのイクサだと得心されておられるならばすぐ分からせていただけるコトなのですが、

人民とは『己をかへりみらず(潔斎せず)、足元を長鼻に邪魔をされるのか、よく観れず』に、すぐ天狗になる(『見渡せば 見事咲きたり 天狗の鼻の。黄金の巻 第三十九帖』。マコトの神カカリになってくだされよとも仰っておられるのでございます。日々ありがたく御教えてくださっておられるのです。光拝)。


人民のハラの具合で世がケガレ悪くなった(またハラ次第で世がうれしうれし清々しく晴れる)と仰られているのでございます。


すべてはハラの掃除洗濯次第。


国(団体・憑き物の集団)・人ともにハラに本来無い地獄がワザワザございますから、地獄が現れるのでございます。

何事も我々人民の日々の改心改善、心がけ次第。


今回の帖(春の巻 第十三帖)と合わせて置いておきます。

かむながらたまちはへませ いやさかましませ。
うれしうれしのかむながらのミチ。光拝




――― ここまで ――――